背中を綺麗にする方法を知りたい!

自分の背中を見ようとしても、なかなかじっくり見ることができませんよね。
いくら綺麗にしているつもりでも、自分ではなかなかチェックしにくい背中には、ニキビやブツブツがたくさんできていることもあります。

 

背中に日焼け止めを塗る女性達

 

触ってみると少しザラっとしたり、ブツブツと何かデキモノができている感じがあったりと、違和感を感じたことはありませんか?ニキビだけではなくニキビ跡やムダ毛、黒ずみなどによっても、ザラつきやブツブツを感じることになります。

 

そのようなことを考えると、自分ではなかなか気づけず周りから指摘されることも少ない背中のケアは、他の部分以上に慎重になっていたほうがいいとも言えますよね。特に20代から30代の女性には、背中ニキビや背中のブツブツなどで悩んでいる方が多くおられます。

 

そこでここでは、背中を綺麗にする方法として、背中ニキビやブツブツの原因と予防法をわかりやすく解説するとともに、おすすめの背中ニキビジェルをご紹介していきたいと思います。気になる背中ニキビを撃退し、人に見せられる綺麗な背中をゲットしちゃいましょう!

 

 

背中のブツブツ、気になりませんか?

 

ある日、ふと背中を触ってみると、ザラザラ、ブツブツとした感触があったという経験がある方は多いと思います。
なんだろうと思い、なんとか工夫して鏡を見てみると、ブツブツのニキビや潰れたニキビの跡が・・・なんてことはありませんでしたか?

 

肌やメイク、髪や身体のラインや洋服など、様々な点で自分を磨いているつもりでも、自分で確認しにくい背中はどうしても見落としがちです。そのため、いつの間にかニキビやニキビ跡、黒ずみや毛穴の開き、産毛などで埋め尽くされているということも珍しくはありません。

 

背中ニキビやぶつぶつの発見が遅れてしまうことで、余計に状態が悪化することも多々あります。

 

 

背中ニキビの発見が遅れてしまう理由

 

では、どうして背中ニキビの発見が遅れてしまうのか、その理由について、多く聞かれる声をまとめてみました。

 

  • 背中は見えにくく自分では確認しにくいから
  • ケアしたくても手が届かず疎かになってしまうから
  • 保湿したくてもうまくできないことが多いから
  • 友達や周りの人も積極的には教えてくれないから
  • 隠せるし♪という気持ちからどこか油断してしまうから

 

など、このようなことが、背中ニキビやブツブツの発見を遅らせる原因となっています。

 

何でもそうですが、綺麗だと思うことはすぐに口にしても、汚いと思ったことに対してはすぐに口にはできませんよね。少し醜い話になってしまいますが、女性の場合には特に、同じ女性の身体に汚いと感じる部分があっても指摘はしないということが多いと思います。

 

つまり、「〇〇ちゃん背中が綺麗!」と言われることはあっても、「○○ちゃん背中が汚い!背中ニキビ酷くない?」とは言われないわけです。そのようなことも関係し、自分の背中の状態を知ることは難しいのですね。

 

 

背中ニキビを隠そうとするとさらに悪循環に!

 

一生懸命身体を捻って鏡を見た時、背中ニキビができていたことが分かった時や、誰かに指摘してもらえた時には、あなたならどうしますか?

 

背中ニキビができていると判明した瞬間からどうしたらいいか分からず、とにかく隠そうと考える方は多いと思います。

 

  • 温泉でみんなに背中を見られるのが恥ずかしい
  • プールや海で水着が着られない
  • 背中があいている服が着られない
  • 彼氏やお友達の家にお泊りできない
  • オシャレが思うようには楽しめない

 

など、このようなことを思ってしまう方も多いと思います。

 

それまでは全く気にならなかったのに、背中にブツブツがあると分かった途端、突然いろんな人の視線が気になったり、落ち着かなくなったりしますよね。

 

ですが、背中ニキビを隠そうとしたり、間違ったケアを行ってしまうことによって状態が悪化し、跡が残ったり黒ずんだりしてしまうことがあります。例えば、以下のようなことをしてしまっている場合、背中ニキビが悪化する可能性が高くなります。

 

  • お風呂に入った時に、ゴシゴシと背中をこすっている
  • 背中にパウダーなどを乗せてニキビを隠す
  • とにかく放置をして普段通りに生活する
  • 気になって触ったり、痒いからと掻きむしってしまう

 

背中にザラザラした感じがあると、ゴシゴシこすってスッキリ綺麗にしようと考えてしまうかもしれませんが、背中も顔と同じで擦るのはNGです。また、ニキビを隠そうとしてパウダーなどで誤魔化したりすることも、毛穴をつまらせて悪化させる原因となります。

 

もちろん、気になるからと言ってしきりに触ったり、痒いからと言って掻きむしったりすることは論外です。だからといって放置してしまっても、背中ニキビを改善して綺麗な背中を取り戻すことはできません。

 

では、具体的に背中を綺麗にする方法として、背中ニキビやブツブツを防いだり、治したりする方法を説明する前に、まずはそれらが出来る原因について説明したいと思います。

 

 

どうして背中ニキビやブツブツができるの?【気になる4つの原因】

 

20代・30代の方の場合、顔などの肌はとても綺麗であるにも関わらず、背中のニキビやニキビ跡だけが酷いという方も多くおられます。

 

背中ニキビで悩む若い女性

 

どうして他の部分はニキビがあまりできない方でも、背中にブツブツができてしまうのでしょうか?
実はそれには、以下のような4つの原因があったのです。

 

  1. 乾燥や過剰な皮脂によるもの
  2. 摩擦などの肌への負担によるもの
  3. ホルモンバランスの乱れによるもの
  4. シャンプーやボディソープの流し残しによるもの

 

よく考えてみると、思い当たる節があるという方も多いのではないかと思います。
摩擦は常に与え続けているし、不規則な生活になっているし、流し残しもあるかも・・・という方は、自ら背中ニキビができやすい環境にしてしまっているということになります。

 

ではここからは、これらの原因について、もう少し具体的にご説明していきたいと思います。

 

 

@乾燥や過剰な皮脂によるもの

 

まず1つ目に、「乾燥や過剰な皮脂」が挙げられます。

 

背中にベタベタと汗をかいているわけではないのに、どうしてニキビができるの?と疑問に思われている方もおられると思います。実は、肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が弱まってしまったり無くなってしまったりします。

 

バリア機能が正常に働かなくなると、バリア機能の代わりとして皮脂が分泌されるようになります。そして、過剰に皮脂が分泌されることで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが発生しやすい状態になってしまいます。

 

さらに、角質層の水分が少なくなることで角質が硬くなってしまい、毛穴が細くなります。毛穴が細い状態では、少量の皮脂であっても詰まりやすくなってしまうため、ニキビができやすい環境になってしまうのですね。

 

 

A摩擦などの肌への負担によるもの

 

そして2つ目に、「摩擦などの肌への負担」が挙げられます。

 

背中は、普段仕事に行ったり生活したりする中では、衣類や下着と擦れあっている状態です。毎日摩擦が起きていることで肌に負担がかかり、皮膚を保護しようとして角質が分厚くなることで毛穴が詰まりやすくなります。

 

  • 汗をたくさんかいて蒸れてしまう
  • 毎日のように衣類や下着と擦れあってしまう
  • 痒みが出た時に思いっきり掻いてしまう
  • 背中は見えにくいからと、必要以上にゴシゴシ洗ってしまう
  • しっかり水分を拭き取ろうとしてゴシゴシ拭いてしまう

 

など、このようなことが背中に摩擦を起こしやすくし、知らないうちに負担がかかってしまうのです。
また、摩擦によって背中が乾燥してしまうことで、1つ目でご説明しましたような悪循環に陥るため、摩擦による乾燥も大きな原因となります。

 

 

Bホルモンバランスの乱れによるもの

 

3つ目に、「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。
この2つのホルモンがバランスを取り合って女性の身体をサポートしているのですが、生理前やストレス、環境などの様々なことによってホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

このホルモンバランスが乱れてプロゲステロンの働きが優勢になってしまうと、皮脂の分泌を多くしてニキビをできやすくしてしまうのです。
もちろん背中に限ったことではなく全身なのですが、背中はケアが行き届きにくく皮脂腺も多い箇所であるだけに、どうしてもニキビができてしまうのですね。

 

生理前になると突然ニキビができやすくなることも、このプロゲステロンの働きによるものなのです。

 

 

Cシャンプーやボディソープの流し残しによるもの

 

そして4つ目に、「シャンプーやボディソープの流し残し」が挙げられます。

 

入浴の際に、洗顔をした後は一生懸命に流してすすぎ残しがないように注意する方は、多いと思います。

 

ですが、背中に関してはどうでしょうか?
髪を洗い、身体を洗い、ちゃんとすすぎ流しているつもりでも、背中を他の箇所よりも意識したことはないのではないでしょうか。
また、しっかり流しているつもりでも、手が届きにくいことや見えにくいということから、流し残しやすいと言えます。

 

特に女性の場合、髪が長い方は背中にくっついてしまうため、髪に残っていたシャンプーが背中に付着したまま残ってしまうことがあります。
そのため、身体だけではなく髪に付着しているシャンプーなどの流し残しにも注意しなくてはなりません。

 

流し残したシャンプーやボディソープが背中の毛穴に詰まってしまうことで、ニキビの原因となることがあります。

 

 

背中ニキビを予防して背中を綺麗にする方法は?【5つの対策&ケア】

 

背中のブツブツやニキビの原因が判明して、少し安心したという方もおられるのではないでしょうか。
顔やその他の身体のケアはできても、背中のケアがなかなかできないことによって、知らないうちに状態が悪化してしまっているのですね。

 

では、これらの背中のブツブツや背中ニキビを治して、背中を綺麗にする方法としては、どのような対策・ケアを行う必要があるのでしょうか?

 

背中の綺麗な若い女性

 

  1. 生活習慣を見直す
  2. 寝具や下着を清潔に保つ
  3. シャンプーやボディソープをしっかり流す
  4. ピーリング石鹸を使用する
  5. 保湿ケアを行う

 

背中ニキビができるのを防いで、背中を綺麗にする方法としては、このような対策が一般的です。

 

 

生活習慣を見直す

 

生活習慣を見直すことによって乱れてしまった肌のターンオーバーを促進させ、肌を綺麗な状態にしていけるように改善させることが大切です。
睡眠不足やストレス、不規則な生活などは肌にも身体にもよくありませんので、うまく付き合っていけるようにしなくてはなりません。

 

不規則な生活の中でも、質のいい睡眠をとることができるように工夫する必要があります。
*寝室の照明の見直し、アロマや音楽などの活用、ヨガ、ストレッチなどで睡眠の質を高めることができます

 

 

寝具や下着を清潔に保つ

 

また、寝具や下着を清潔に保つということもとても大切になります。

 

下着や寝具に菌がついたまま寝てしまうと、それらの菌が背中に付着して炎症を起こしてしまう可能性も否定できません。
特に寝具や下着は肌に触れる時間がとても長いため、清潔にできているかどうかを今一度確認してみる必要があります。

 

 

シャンプーやボディソープをしっかり流す

 

シャンプーやボディソープをしっかり流すように意識することも大切です。
身体を洗う順番は人それぞれですが、どのような順番で洗ったとしても、完全に洗い終わった後にもう一度しっかり流すようにしてください。

 

髪が長い方はまとめておいて背中につかないようにすると、背中に汚れやシャンプーが付着することを予防できます。

 

 

ピーリングジェルを使用する

 

背中ニキビやブツブツを改善していくために、ピーリングジェルを使用することも対処法の1つです。

 

毛穴を塞いでしまっている角質を取り除くためには、自宅でも手軽に行うことができるピーリングが効果的です。
ただし、ゴシゴシとこすったりせずに優しく行う必要がありますし、手が届きにくい箇所はどうしても誰かの手を借りるほかありません。

 

ピーリングクリームなどでは上手に流しきれない可能性がありますので、入浴時でも使用できるピーリングジェルがおすすめです。
お風呂で使用することができるため流し残しがないように意識することが可能であり、ニキビ予防に適しています。

 

 

保湿ケアを行う

 

そして最後に、保湿ケアを行うという方法が挙げられます。

 

先程、背中ニキビやぶつぶつの原因についてご説明する中でも触れたのですが、背中が乾燥してしまうことで余計な皮脂が分泌され、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。そのため、背中ニキビを改善・予防していくためには、保湿をしっかり行ってあげることが大切になるのです。

 

保湿がしっかりできていれば、余分な皮脂が分泌されることもなく毛穴が詰まりやすくなるという事態も予防できます。

 

手にのせた保湿クリーム

 

つまり、背中を綺麗にする方法を考える上で、背中を保湿することはとても大事なポイントであり、理にかなった対策ということになります。

 

 

でも、背中の保湿ケアって難しい・・・

 

ですが、いざ背中を保湿するとなると、様々な問題が出てきますよね。

 

  • 背中に手が届きにくい
  • 保湿クリームなどでは背中がベトベトになってしまう
  • ちゃんと保湿できているのか分からない
  • 普段肌に使用している乳液やクリームなどでいいのか分からない
  • なにで保湿すればいいのか分からない
  • 余計に毛穴が詰まったりしないのか不安

 

このように、背中を保湿するということで様々な不安や疑問を感じる方が多いのではないかと思います。

 

せっかく保湿しても背中がベタベタしてしまっては気持ちが悪いですし、違和感を感じた状態で過ごすことは避けたいところです。
だからといって、べたつかないけれど保湿力がイマイチというものを塗っても意味がありません。
そもそも、背中はどのようなもので保湿するのがベストなのか、普段使用しているクリームなどでもいいのかどうか等、気になる点は多いですよね。

 

 

しかも、背中は表面だけの保湿ではダメ・・・

 

しかも、背中は顔などの肌よりも皮膚が分厚くなっているため、表面だけを保湿していても全く意味がありません。
皮膚から角質層までを全てすっぽり包み込めるようなバリア対策が必要なのです。

 

保湿と言えばヒアルロン酸がありますが、通常のヒアルロン酸を配合しているクリームでは分子量が大きく、角質層まで保湿をするということが難しいため、ほぼ意味がありません。
背中の皮膚の厚さは顔の約5倍もあるため、通常のクリームなどではなく、より浸透する保湿成分が配合されたものが必要になります。

 

ですが、そのようなクリームを探そうとしても、なかなか難しいですよね。
もし見つかったとしても、続けていくことができないような価格であったり、成分がイマイチだったりすることもあると思います。

 

そこで、このような特徴を兼ね備えた、ニキビやブツブツを予防・改善するためにオススメのアイテムをご紹介しておきたいと思います。

 


背中ニキビ対策ジェル 『Jitte+』

 

  • べたつかずにしっかりと背中の保湿ができる
  • 続けやすい価格で嬉しい
  • 分厚い背中の皮膚にも浸透しやすい成分が配合されている

 

 

Jitte+ 公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

背中を綺麗にする方法は?背中ニキビの原因と予防対策 TOPへ